FUKUSHIMA FIREWORKS FESTIVAL 2023
福島花火大会 in 新地町

FUKUSHIMA FIREWORKS FESTIVAL 2023

HOME | 花火大会概要

SHINCHI,FUKUSHIMA

CONCEPT

福島の浜通りで開催する大規模花火大会。

岩手県陸前高田市で開催される三陸花火大会・三陸花火競技大会などの運営を行うFIREWORKS株式会社が手掛ける花火大会です。FIREWORKS株式会社は花火会社のマルゴーと共に各地で花火大会を開催しており、今回実施するFUKUSHIMA FIREWORKS FESTIVAL -福島花火大会 in 新地町-では地元の花火会社である糸井火工も参加し、より豪華な花火が打ち上がります。また、花火大会を通して地域と共に盛り上げ、コロナ禍で落ち込んだ地方創生を活性化していきます!

PERFORMER

FIREWORKS株式会社
東日本大震災で市街地の90%以上が津波で流失しゼロから新しいまちづくりを進める岩手県陸前高田市で2019年に起業。行政や大手企業を巻き込み地方創生ビジネスを展開。
2020年10月、2021年10月、2022年4月、10月と自主興行「三陸花火大会・三陸花火競技大会」を開催させ花火大会のDX化など花火業界に新風を巻き起こす。

株式会社マルゴー
山梨県に本社を置く、花火の総合メーカー。年間300以上の現場で打上げを行い、近年では海外のカウントダウンの打上げなど花火業界を牽引するカリスマ花火師集団。新型コロナウイルス感染拡大で2020年は前年対比10%以下とも言われる花火業界で黒字を達成。昨年は秋田県の全国花火競技大会「大曲の花火」で内閣総理大臣賞を受賞。

有限会社糸井火工
今年で創業150周年を迎える地元、福島県の老舗花火会社。日本の花火の起源でもある人々が苦境の時こそ花火を打ち上げるべきだと、コロナ禍に於いても自社で花火大会を企画したりと精力的に活躍中。歴史の中で培った技術と、若い年代の花火師たちが新しい発想で生み出す技術。この両側を大事にしながら新たな花火への挑戦し続ける。

大会の特徴

約330mにも開花する巨大な花火(尺玉)を含めた10,000発以上の花火と大迫力の音楽で魅せる新しい世界観は来場者の心をしっかりと掴み、感動を呼ぶ新しいエンターテインメントです。

誰もが聴いたことのある有名なアーティストの楽曲に合わせて打ちあがり開花するその花火は、滞空時間や消えのタイミングまでを計算に入れたもので、観る者を音楽と花火の世界に強く引き込みます。

また、FUKUSHIMA FIREWORKS FESTIVAL - 福島花火大会 in 新地町 -に関しては音響設備に特にこだわり、多額の費用を掛けて野外ライブ用の機材を投入しております。それ以外にも前回大会より屋台の数も増やし、各種イベント、子どもたちが会場で遊べる遊具なども設置し、多くの方が花火までの待機時間も楽しめる場所を提供しています。

開催に関しては、引き続き万全なコロナ対策を実施したうえで、全席を有料指定とすることにより、入退場時の混乱を最小限に抑え、安心安全な運営を行います。